2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

コンセプト 丸本酒造でしかつくれない、一杯がある。

「農」から始めるリアルドメーヌ
「農」から始めるリアルドメーヌ
酒造りに最も適した米を作るため、私たちは稲を三度枯らす。
厳しい環境を耐え抜いた「黄金色の稲」に実る米がうまい酒を造る。
始まりは3反5畝の圃場(ほじょう)、今では20町近くまで広がった。
圃場が広がれば、おのずと圃場の個性も表れる。
より理想の米に近づけるため、
圃場の個性一つひとつと真摯に向き合う。

手をかけた分だけ、米は、酒は応えてくれる。
星巡りの町から生まれるテロワール
星巡りの町から生まれるテロワール
我々が本拠地を構える岡山県浅口市は日本でもっとも星が綺麗に見える天体観測のまち。
星が綺麗に見えるのは空気が凛と澄んでいるから。
そこで育った米が本当に美味い酒になる。
星空に手は届かないが、大地と宇宙は繋がっている。
星の巡りが造った酒を飲んで、宇宙を感じることはできる。

私達は宇宙の営みとともに、酒造りを行う。
自然の力を信じる本物のオーガニック
自然の力を信じる本物のオーガニック
本物のオーガニックとは、自然の営みの中で生まれる。
太陽の力を借り、月の満ち欠けと共鳴しながら米から酒を造る。
広い宇宙の中で生かされてることを感じ、自然と共にうまい酒を造る。
それが丸本酒造のオーガニック。

オーガニックの世界三大認証を取得する蔵元から、
本物のオーガニックを。
古酒と新酒のアッサンブラージュ
古酒と新酒のアッサンブラージュ
酒の個性を作り出すため、私達は熟成された古酒と新酒を混ぜ合わせる。
私達はそれを “竹林ソレラシステム” と呼んでいる。
酒それぞれの味に目的があり、
フレッシュさを活かす酒もあれば、深みを持たせる酒もある。

アッサンブラージュで理想の酒に仕上げていく。